結婚指輪と婚約指輪の重ね付け

結婚指輪と婚約指輪の重ね付けが流行中。

両方を指につけたときに、ぴたっと重なっていい感じに収まるよう、同じショップで結婚指輪と婚約指輪を購入するカップルも多いといいます。

特に同じお店で購入しなければならない理由はないのがブライダルジュエリー。

しかし、全く違うお店の全く違うデザインや素材の結婚指輪と婚約指輪は、一度に指につけたときに、しっくりくるとは限らないのもまた真実です。

婚約指輪を先に購入している場合、まずは婚約指輪を指につけた状態で結婚指輪のショッピングへ。

こうすると、両方のリングがカチカチぶつかったり、指になじまなかったりというトラブルを回避することができます。

店員さんには、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けしたいということを伝えます。

そうすると、プロの目で、両方のリングのバランスを見て選んでくれるので、失敗が少ないですよね。

さまざまな個別の希望が多様化する結婚指輪選び。

自分なりに満足のいく買い物をしたいと望むなら、やっぱり店員さんとのコミュニケーションも大切です。

こちらの望むものを明確に伝え、相手のプロとしてのアドバイスを受けるのがベストです。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けは雑誌やネットなどメディアを見ているとても気軽にキマるという印象を持つものですが、やはり店頭で実際に重ね付けをしながら選ぶと、よりイメージがわきやすいものでもあります。

結婚指輪の購入では試着することは必須です。

見た目のデザインが自分の指にどう映るのか、全身のバランスはどうか、全身が映る鏡の前で試着してみることもおすすめです。